トイレの水漏れで便器を交換するなら

家庭内で1日に何度も利用するのがトイレです。毎日欠かさず使う以上、快適に使いたい設備ですが、水漏れを起こしたりすれば快適性が失われるだけではありません。衛生的にも問題となるのがトイレの抱える問題です。問題が起きたときには、トイレリフォームも考慮に入れておくべきでしょう。

■交換すると節水もできる

トイレの水漏れは、深刻な問題につながります。便器の寿命はとても長いですが、だいたい10年程度で他の部分の不具合が生じます。このような場合は修理した方が安く済むと考える人も多いですが、交換するほうがお得な選択になる場合も少なくありません。
交換してしまえば、古いものに比べて節水できるようになります。取り付けてから10年以上経つと、トイレの性能は大幅に変わります。新しいものにすれば、周りの部品も交換するため水漏れの心配もなくなります。

■水漏れをチャンスに

節水だけではなく、便器自体の性能も変わってきています。部品の劣化によって水漏れしてしまうようなときには、便器本体のコーティングも劣化が進んでいる状態です。便器自体は陶器で割れたりする問題はなくても、汚れは落ちにくくなります。新しく交換すれば、これまで掛けていた掃除の手間も大幅に変わるでしょう。
全体的にリフォームすると、壁紙なども清潔感のあるものに交換でき、外観も変えられます。クッションフロアの交換も便器を外した時にしかできないため、水漏れしたときが大きなチャンスです。暖かい空間にもできますし、防音なども考えられるため、メリットも多いです。

■まとめ
トイレのリフォームは、やりたいと思ったからといって簡単にはできません。費用も掛かるため、悩んでしまうこともあります。しかし、リフォームすれば水漏れの心配もなくなり、清潔で快適な環境も作り出せるので、修理の機会に検討するのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ