トイレの中でも対処が難しいウォシュレットの水漏れ

日本の技術の高さを示すものとして、ウォシュレットが紹介されることも増えました。日本でも多くの場所に普及していて、便利に使えることは確かですが、その分複雑な構造を持っている製品です。各部品が水漏れしないように作られていますが、わずかな隙間ができれば、トラブルにつながります。日々のメンテナンスで対応できる場合もありますが、ウォシュレット 水漏れが致命的な状況の時には交換も視野に入れておかなければいけません。

■水漏れしやすいノズル部分

トイレで使用されるウォシュレットは家電製品であるため、トラブルが起きても対処するのが困難です。加えて、自動洗浄できる機能もあり、水を吹き出すため、どうしても水漏れを起こしやすい部分です。しかし、こまめにケアをしてノズル部分の汚れの付着を防ぐことによって、出てきたまま引っ込まなくなるようなトラブルを防止できます。手で押し込むと戻るようなときには、スプリングの異常が考えられるので、業者に依頼して修理するなどの対応が必要です。

■タンク周辺のチェック

トイレの水漏れで大きな原因になるのはタンク周辺です。パッキンに劣化が見られる場合、交換部品はホームセンターなどで手に入るため、自分で対応することもできます。
パッキンに異常がない時には、部品を締め付けるだけで止まる場合もあります。時間とともに緩む場合もあるため、確認のためにこまめに締めておくと良いでしょう。こうした対応で水漏れが止まらないときには、本体の故障を疑わなければいけません。内部構造の問題も出てくるため、専門業者に依頼して修理や交換も考えておくべきです。

■まとめ
ウォシュレットは家電製品であり、電気を使います。点検など、自分で出来ることもありますが電気が流れていることは忘れてはいけません。本体機能を使って洗浄するとき以外は、必ず電源プラグを抜いてから行うことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ