トイレのつなぎ目からの水漏れは場所によっては交換も

トイレは水を使う設備として、さまざまな部品が使用されています。部品同士のつなぎ目にはパッキンが用いられていますが、このパッキンの劣化が進めば、隙間ができて水漏れが起こります。劣化の場所や状況によっては、トイレの交換も考える必要があります。

■パッキンからの水漏れ

トイレで水を使うためには水道管からの配水が必要であり、汚水を流すための排水管の取り付けも必要です。そのため、どうしても本体とのつなぎ目が生じます。この部分にはパッキンを使って隙間ができないようにしていますが、ゴムで作られているため、いずれ劣化してしまいます。水や空気に触れているだけでもゴムの劣化は進むからです。劣化が進むと隙間を埋めるための弾力性が失われていき、やがて機能しなくなります。

■床から漏れているときには交換も

本体の陶器にヒビが入っているような状況でなければ、パッキンの交換でつなぎ目の水漏れは止まります。ただし、場所によっては交換が難しいこともあります。例えば、便器と床のつなぎ目部分から漏れている場合には、排水管からの水漏れが考えられるので、便器本体を取り外さなければいけません。そうなると、かなり大規模な工事が必要になってしまいます。
水漏れの発見が遅ければ床が腐食してしまうこともあります。衛生上にも大きな問題ですが、ここまでくると素人ではほぼ対応ができません。便器を取り外す必要もあるので、トイレのリフォームを考えるきっかけにもなります。その場合は、機能トイレや省エネ製品など、使いやすさも考えて交換するのがおすすめです。

■まとめ
トイレには排水管のように簡単に修理ができない場所もあるため、まずは一体どこから漏れているのか、原因を見つけることが大切です。大掛かりな工事が必要な場合もあるので、トイレのリフォームを検討するのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ